日本の銀行と世界のBANK 電子書籍 読もう 迷う ブックライブ


BookLive「ブックライブ」の日本の銀行と世界のBANK無料立ち読み


■内容紹介アメリカやイギリスの経済・金融システムは、最も効率的で効果を上げているとする考え方がある。しかし、その効果を測る尺度は絶対的なものではなく、それぞれの国によって異なる。諸外国の成功例を無批判に受け入れるのでは落とし穴にはまるだけ。元政府系金融マンが歴史的視点から銀行とBANKの金融システムを比較し、その特徴と相違点をもとに日本の方向性を示唆する。■著者紹介庄司 進(しょうじ すすむ)1952(昭和27)年、仙台市生まれ。東北大学経済学部卒業後、国民金融公庫(現・日本政策金融公庫)に入庫。主として小企業への融資事務に従事。米子、松本、熱田、秋田の支店長、池袋支店の事業統轄を歴任し、2012(平成24)年、退職。現在は仙台市に在住。
続きはコチラ



日本の銀行と世界のBANK無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪

日本の銀行と世界のBANK

詳細はコチラから



日本の銀行と世界のBANK


>>>日本の銀行と世界のBANKの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の銀行と世界のBANKの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する日本の銀行と世界のBANKを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は日本の銀行と世界のBANKを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して日本の銀行と世界のBANKを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)日本の銀行と世界のBANKの購入価格は税込で「463円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)日本の銀行と世界のBANKを勧める理由

日本の銀行と世界のBANKって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
日本の銀行と世界のBANK普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
日本の銀行と世界のBANKBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に日本の銀行と世界のBANKを楽しむのにいいのではないでしょうか。


1巻ずつ本屋まで購入しに行くのはとても手間暇が掛かります。とは言っても、数冊まとめて買うのは面白くもなんともなかった時の精神的なダメージが甚大だと言えます。BookLive「日本の銀行と世界のBANK」は都度買うことができるので、その点安心です。
「ここにあるすべての本が読み放題だったら、どれほどにいいだろう」という漫画マニアの発想をベースに、「月額料金を支払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が考案されたのです。
「ある程度中身を知ってから買いたい」という人からすると、無料漫画というのは短所のないサービスだと言って間違いないのです。運営者側からしても、利用者数増加が可能となります。
コミックサイトの最大の長所は、取扱い冊数が半端なく多いということだと思います。売れ残る心配がいらないので、多種多様な商品を揃えることができるのです。
コミックの発行部数は、このところ減っているのです。今までと同じようなマーケティングは見直して、まずは無料漫画などを市場投入することで、新規利用者の獲得を狙っているのです。



日本の銀行と世界のBANKの詳細
         
作品名 日本の銀行と世界のBANK
日本の銀行と世界のBANKジャンル 本・雑誌・コミック
日本の銀行と世界のBANK詳細 日本の銀行と世界のBANK(コチラクリック)
日本の銀行と世界のBANK価格(税込) 463円
獲得Tポイント 日本の銀行と世界のBANK(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス