権力の館を歩く 電子書籍 読もう 迷う ブックライブ


BookLive「ブックライブ」の権力の館を歩く無料立ち読み


歴代首相邸や政府・政党の建築物を訪ね、その空間と時間から権力者達の本性に迫る。建築と政治の関係性という全く新たな視座を打ち立てるノンフィクション。 <目次>「権力の館」の所在地序論  テーマとアプローチ ――建築は政治を規定するか――総論一 西園寺の「坐漁荘」と近衛の「荻外荘」――「衣食住足って政治を知る」世界――総論二 「権力の館」をめぐる栄光と悲惨のパノラマ――『風見章日記』が捉える「建築と政治」――序 権力の館 事始めマッカーサー GHQ跡第一生命館 皇居を睥睨できぬひたすら実務の部屋I 権力者の館吉田茂 大磯御殿 政治も普請も道楽尽くす吉田茂 目黒公邸 ワンマン好みの宮様の「光の館」鳩山一郎 音羽御殿 人々を呼びこむ日だまりの丘岸信介 御殿場邸 見果てぬ夢を館に託す池田勇人 信濃町邸 箱根仙石原別邸 いつわりなき庭と石への執着佐藤栄作 鎌倉別邸 ホンネ溶けこむ非政治の時空田中角栄 目白御殿 東京への怨念と拡大する館三木武夫 南平台邸 婦唱夫随の館の暖炉で燃やすの書類福田赳夫 野沢邸 質実に徹した反時代の美学大平正芳 世田谷区瀬田邸 命運分けた異例の郊外転居中曾根康弘 日の出山荘 自然と同化する奥山の原風景竹下登 世田谷区代沢邸 政界の父・佐藤栄作邸を居抜きで自邸に宮澤喜一 軽井沢別邸 力ずく嫌いの決断の地軽井沢町別荘地(戦中編) 宰相近衛と青年伯爵のバーチャル和平談義軽井沢町別荘地(戦後編) 左社委員長も変装訪問した鳩山別荘II 権力機構の館首相官邸 上 保守本流は住まず、保守傍流と平成流が住む館首相官邸 下 秩序と安定と孤高の館に「魔性の力」は蘇るか貴族院・参議院 議事堂に埋め込まれた変わらぬ天皇秩序衆議院 戦前戦後を生き抜いた垂直的な階層構造と配室最高裁判所 交流乏しき静寂の司法府検察庁 戦前は司法省と一体化、戦後は法務省とつかず離れずか警視庁 帝都の警護そして首都の守りに七変化財務省・大蔵省 戦前・戦後完成までに三十年の受難の館日本銀行本店 輝きうせた三種の「権能」――権威・権限・権力を象徴する館宮内庁庁舎 天皇の「権力」と「権威」を支え続ける濠の内外枢密院 権力の喪失過程を象徴する「中空構造」都庁舎 双頭の鷲にも似た「アーキテクトクラシー」北海道赤れんが庁舎 近代日本を生き抜いた欧化の象徴沖縄県庁・高等弁務官事務所 米軍と本土が映した戦後III 政党権力の館自由民主党本部 出入り自由、機能重視の「繁華街」砂防会館 インフラ整備を背景に、党本部そして政権派閥の館へ宏池会事務所 風化する保守本流の聖地日本社会党(社会民主党)本部 フル回転した江田人脈日本共産党本部 再現された「古き良き学校」のイメージ公明党本部 鉄路ごしの創価学会との距離感の妙民主党本部 連絡機能に特化した「ないない尽くし」結 権力の館 事納め小沢一郎深沢邸 「要塞」と化す政権交代の象徴「権力の館」の原風景とコラボレーション――あとがきにかえて――
続きはコチラ



権力の館を歩く無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪

権力の館を歩く

詳細はコチラから



権力の館を歩く


>>>権力の館を歩くの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)権力の館を歩くの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する権力の館を歩くを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は権力の館を歩くを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して権力の館を歩くを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)権力の館を歩くの購入価格は税込で「1080円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)権力の館を歩くを勧める理由

権力の館を歩くって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
権力の館を歩く普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
権力の館を歩くBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に権力の館を歩くを楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「権力の館を歩く」が30代・40代に人気を博しているのは、小さかった頃に繰り返し読んだ作品を、もう一回気軽に楽しめるからだと言っていいでしょう。
読了後に「期待したよりも全く面白くない内容だった」となっても、買った本は返すことなどできないのです。だけども電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、そうした事態を防ぐことができるのです。
電子書籍の需要は、一段と高まりを見せています。そういう状況の中で、特にユーザーが増加しているのが読み放題というプランだそうです。支払い代金を気にする必要がないのが人気を支えています。
BookLive「権力の館を歩く」を使えば、自分の部屋に本棚を確保する心配は不要です。新しい本が出るタイミングで本屋に立ち寄る手間も不要です。こういった理由から、利用する人が拡大しているのです。
手持ち無沙汰を解消するのに一番良いWebサイトとして、人気が広がっているのがご存じのBookLive「権力の館を歩く」です。お店で欲しい漫画を購入しなくても、スマホだけで誰でも読めるという所が便利な点です。



権力の館を歩くの詳細
         
作品名 権力の館を歩く
権力の館を歩くジャンル 本・雑誌・コミック
権力の館を歩く詳細 権力の館を歩く(コチラクリック)
権力の館を歩く価格(税込) 1080円
獲得Tポイント 権力の館を歩く(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス