災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命 電子書籍 読もう 迷う ブックライブ


BookLive「ブックライブ」の災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命無料立ち読み


科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが、自らを厳しく見つめ、減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に、学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。第I部 《震災後》に研究者として考えたこと地域社会学・災害社会学の視点から                   浦野正樹地域の脆弱性を見つめ復元=回復力を強める 1 東日本大震災の波紋――過疎・高齢化社会に投げかけられた課題 2 「想定外」の災禍を生きる? 3 リスクの可視化と解読/リスク分配の公平姓――社会的な判断プロセス 4 地域自治と地域での判断軸――地域の存続をかけた問い 5 災害研究の位相――脆弱性と復元=回復力概念への着目 6 復元=回復力概念の射程と意義――災害の脆弱性パラダイムの深化エネルギー・原子力工学の視点から                   岡 芳明エネルギー問題と福島事故の教訓 1 エネルギー利用の歴史―化石燃料が主要なエネルギー源、エネルギーは社会の血液 2 エネルギー・セキュリティー―エネルギー問題は甘くない、つねに戦争/紛争要因 3 地球環境問題 4 電気エネルギー 5 福島事故の教訓 6 原子力教育 7 原子力安全の科学的知見の探求と原子力規制専門家の育成 8 まとめーーエネルギー問題は冷静に多面的に考えよう公共哲学・経済政策学の視点から                   鈴村興太郎危機管理への合意形成を求めて 1 政治主導の危機管理の試金石 2 学術コミュニティが直面した試練 3 人文学、社会科学が危機管理の制度設計に貢献する水路は何か 4 漂着点の現状評価防災工学・土木工学の視点から                    濱田政則耐津波学の確立と防災社会の再構築 1 地震・津波予知の失敗とその後の混迷 2 耐津波学の構築と津波対策の推進 3 世界的な自然災害の多発と災害軽減への取り組み第II部 〈未来〉のために研究者・大学は何をなすべきか問題提起                               鎌田 薫四教授のメッセージをいかに受け止めるか 1 科学の失敗と専門家への不信 2 社会システムの脆弱性 3 総合的研究機構としての大学の役割 4 次代を担う人材の育成 5 社会に・世界に開かれた大学の条件ディスカッション                  コーディネーター  鎌田 薫災害に強い社会へ――科学の役割・大学の使命                討論者  鈴村興太郎・浦野正樹・濱田政則・岡芳明
続きはコチラ



災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪

災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命

詳細はコチラから



災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命


>>>災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を勧める理由

災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命を楽しむのにいいのではないでしょうか。


本を通販で買う時には、総じて表紙とタイトルにプラスして、大ざっぱな内容のみが分かるだけです。ところがBookLive「災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命」を利用すれば、話が分かる程度まで試し読みで確認することができます。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、突然アポイントがなくなってしまっても、時間だけが過ぎ去っていくということがあり得なくなります。仕事の合間や通勤時間などにおいても、存分に楽しめます。
利用している人の数が勢いよく伸びているのがコミックサイトです。ちょっと前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人がほとんどを占めていましたが、電子書籍として買ってエンジョイするという方が確実に増えてきています。
スマホ上で見る電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントの大きさを変更することが可能なので、老眼の為に読書から遠ざかっていたお年寄りの方でも読むことができるというメリットがあるというわけです。
マンガの発行部数は、このところ少なくなっている状況です。今までと同じようなマーケティングに捉われることなく、いつでも読める無料漫画などをサービスすることで、新規利用者の獲得を目論んでいます。



災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命の詳細
         
作品名 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命ジャンル 本・雑誌・コミック
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命詳細 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命(コチラクリック)
災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命価格(税込) 648円
獲得Tポイント 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス